豊田第2工場

Steel CoilSteel 鋼帯 — 最先端の技術で、最高の品質を。

豊田工場では主にコイルの加工を行っています。圧延については精度の高い製品を供給できます。また1コイルずつサンプルを取り、硬度や面粗度をしっかりチェックし品質管理を徹底しています。

豊田工場生産システム

圧延から焼鈍、スリット、レベラー、梱包まで、一貫して品質管理体制でハイレベルなコイル製品を製造しています。
また、生産設備は常にクリーンに保ちキズや汚れの発生を未然に防いでいます。

当社製品の使用用途

設備概要

圧延ライン-設備の特長*AGC(自動ロールギャップコントロール)・ロールベンダーシステムを搭載、これにより寸法精度の向上が図られる*帯鋼全長方向の寸法実績記録がシステム内に保存されるため、必要時に取り出すことが可能

レベラーカットライン-設備の特長*プレス機による切断*短尺製品から長尺製品までの切断が可能*切断加工のみではなく、将来的には形状ブランク加工も検討

設備(機械)仕様一覧

設備名称 形  式 仕  様 数量
圧延ライン 可逆式4段圧延機
(鋼帯専用)

<材質>
普通鋼 ・ 特殊鋼

<素材寸法>
厚み : 2.3~9.0mm
幅  : 50~200mm
内径 : φ508、φ610、φ720mm
外径 : φ1500mm(max)
重量 : 2500kg(max)

<製品寸法>
厚み : 2.0~8.0mm
精度 : 4.00mm以下 (±) 0.02mm
精度 : 4.00mm超  (±) 0.05mm
内径 : φ508、φ610mm
外径 : φ1500mm(max)

<ライン速度>
可変 : 50m/min(max)

<月産能力>
500t/shift

1台
レベラーカットライン プレス式フィード&カット

<プレス能力>
150t

<素材寸法>
厚み : 2.0~9.0mm
幅  : 50~400mm
内径 : φ508、φ610mm
外径 : φ1500mm(max)
重量 : 3000kg(max)

<製品長寸法>
長さ : 65~2400mm
精度 : (±) 0.2mm (参考値)

<ライン速度>
可変 : 15m/min(max)

<月産能力>
300t/shift

1台
付帯設備 天井クレーン 2.8t 2基
マイナビ2018