一徹に探求し続けてきた、「鋼」を制する技術。

三品松菱の技術の真髄は、望みどおりの金属組織をつくり上げることにあります。
三品松菱では、用途に応じた最適な組織状態となるよう製品ごとに工程を設計し、加工します。
狙いどおりの金属組織を、ご要望どおりの寸法で、キズなく仕上げる。
それが我々の技術テーマです。

品質管理・保証体制

ISO9001・14001取得

2002年、三品松菱では、ISO9001およびISO14001を取得しました。地域とともにある企業として、品質の追求と地球環境への負荷低減は、両立する責任がある。その信念が、2つのISOの同時取得となりました。

品質・環境への取り組み

製造工程では、すべての製品においてサンプルを抜き取り、厳重な検査を行う管理体制を構築しています。また、コイルの全長にわたって厚みのデータを収集し、全長品質保証を行うことも可能です。

ITシステムによるトレーサビリティの実現

鉄鋼メーカーから購入した鋼板・コイルが、各工程で加工され出荷に至るまでの履歴を、社内ITシステムで一元管理。万が一、納品後に不具合が発見された場合は、原材料まで遡った徹底的な原因調査が可能です。

マイナビ2018