酸洗 酸でみがく。PICKLING

液体の硫酸によりスケールを除去。

素材に付着したスケール(酸化皮膜)を落とす酸洗。液体の硫酸を用いるため、ショットブラスト※に比べ、微細な凹みの内側のスケールまで徹底的に除去できるのが特長です。長尺4mの切板まで対応可能な大型槽を完備。鋼板の取り回しの際にはロボットシステムを使用するなど、人の経験やスキルを必要としない作業は、積極的に省力化を図っています。使用後の廃液を乾燥し、沈澱した鉄粉を取り出し資源化するリサイクルにも取り組んでいます。

※ショットブラスト/細かい金属の粒体を高速で衝突させてスケールを除去する表面処理方法

硫酸槽、水洗槽、中和槽の3つの槽で順に処理。いずれも長尺4mまでの鋼板に対応できる大型槽です。

鋼板表面の「使えない」部分を、硫酸ではがして除去。微細な凹み部分にも、液体の硫酸が届きます。

鋼板ハンドリングロボットが自動で1点ずつカートリッジにセット。

マイナビ2018