鉄を貫く覚悟があります。There is a resolution that carries out steel.

鉄を究め、新たな分野へ、そして世界へ。

古くから「産業のコメ」と言われ、自動車部品や産業機械、電気機器など、あらゆる製品づくりに必要な「鉄」。私たち三品松菱は、鉄鋼メーカーが生産した鉄を、お客様の使い勝手のいい状態に加工してお届けする企業です。1934(昭和9)年の創業以来、鉄(金属)ひとすじに技術の研鑽に努め、単にサイズを変えるのではなく、用途に合った金属組織へと「改質」するノウハウを蓄積してきました。
最新設備による高品質な製品の大量生産を行う一方、創業者の匠の技と魂を継承した「職人」による、ミクロン精度のきわめてハイスペックな1点モノの生産も手がけ、自動車メーカーなどの新製品開発を支えています。

また、紀元前から人類が利用していながら、未だ知られざる性質を秘めた鉄の新たな可能性を切り拓くべく、新製品開発にも着手しています。
2010年、こうした技術を武器に、我々は日本国内に加え、海外での事業展開に乗り出しました。目指す姿は、世界各国への供給体制を持つメーカー。しかし、いくら事業規模が変わっても、我々の軸足は変わらず「鉄」にあり続ける。それが我々の決意であり、覚悟です。

代表取締役社長  三品 安史 Yasuhito Mishina, CEO

1964年(昭和39年)愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、7年間のヨーロッパ勤務を経験。2005年(平成17年)経営企画部長として当社に入社。2009年(平成21年)代表取締役社長就任。現在に至る。

代表取締役会長  三品 稔 Minoru Mishina, Chairman

1933年(昭和8年)新潟県生まれ。名城大学理工学部卒業後、1960年(昭和35年)当社に入社。1985年(昭和60年)代表取締役就任。2009年(平成21年)代表取締役会長に就任。現在に至る。

マイナビ2018